杉並堀ノ内クリニックの内科・糖尿病内科 市村靖彦医師による医療コラム

内科は土日祝も診療 ご予約・お問い合わせ03-5929-1611

文字のサイズ
小
中
大
医療コラム
 
  1. 杉並堀ノ内クリニック
  2. 整形外科コラム

整形外科コラム

 

肩こり

整形外科 新入職医
 記載日:2021年3月

 

 肩こりとは、首筋から肩や背中にかけて、張り・こわばり・違和感・痛みなどの症状をいいます。肩がこっていると、頭痛や吐き気、眩暈などを引き起こすこともあります。



肩こりの原因は?

肩こり

 病気が原因である場合は、筋肉や関節・脊髄等の整形外科的な疾患だけでなく、内臓や心臓の病気であったり、高血圧、眼精疲労など、様々な部位の不調が引き起こしている場合があります。中にはすぐに医療機関に受診した方が良い肩こりも潜んでいることもあります。例えば、運動したときに肩が痛む、手がしびれたり麻痺しているなど、狭心症や神経圧迫、骨の異常も疑われる事があります。このような危険な肩こりだった場合は、原因となる病気を早めに特定し治療することが重要です。

 また、原因が分からない『本態性肩こり』の場合は、姿勢が悪かったり、ストレス・緊張・過労・冷え・運動不足・筋力低下など、主に生活習慣が原因でひき起こされることが多いです。本態性肩こりも放っておくと、ストレートネックや四十肩に繋がることもあります。これらは生活習慣を整えて、適度な運動やストレッチなどで予防することが大切です。

 肩こりには重大な病気が潜んでいる事もあるので、我慢して放置しないことが大切です。日常に支障が出ていたり、同時に別の症状が出ていたり、気になる方は悪化する前に、早めに医療機関を受診することをお勧めします。



肩こりを予防しよう!

 理学療法士によるコラム 「リハコラム 2017.10 vol.6 スマートフォンによる首肩痛」で、肩こり予防に役立つストレッチを紹介していますので、参考にしてみてください。




疲労骨折

整形外科 新入職医
 記載日:2021年3月

 

 疲労骨折とは、体の同じ部位に繰り返し加わる力によって骨にひびが入ったり、そのひびが進行して完全に骨折に至った状態を疲労骨折といいます。 一度の大きな力によって起こる骨折とは区別され、走る・ジャンプするなど同じ動作を反復的に行うスポーツ選手に多く、特に短期間に集中的なトレーニングを行った際に多くみられます。



疲労骨折の主な要因

選手側の要因
☑ 筋力不足?
☑ 体の柔軟性不足
☑ アンバランスな筋力
☑ 未熟な技術     など
  
環境側の要因
☑ オーバートレーニング
☑ 体力・技術に合わない練習
☑ 不適切な靴
☑ 地面が固すぎる・柔らかすぎる など


疲労骨折

疲労骨折の起きやすい部位

 特に疲労骨折の起きやすい部位としては、脛骨や腓骨(すねの骨)や中足骨(足の甲の骨)などの下肢の骨に多くみられます。
 その他には肋骨や尺骨(腕の骨)なども起きやすい部位です。



診断と治療

 外傷が無く慢性的な痛みが続くなど疲労骨折を疑う際は、まずレントゲン検査を行い骨折の有無を確認します。ただし初期の疲労骨折では、レントゲン検査では判別がつかないケースも多いため、経過観察をして再度レントゲン検査を行ったり、MRI 検査・CT 検査を行う場合もあります。

 治療は、比較的軽度であれば安静にする事で治癒しますが、状態によってはギプス固定や手術が必要となるケースもあります。疲労骨折は目立った外傷がないため気付きにくく、初期は痛みも比較的軽度なため、我慢して運動を継続し悪化させてしまう事も珍しくありません。悪化させてしまうと、治療期間がが長引いたり手術など複雑な治療が必要となってしまう事もあるので、異常を感じた時点で運動を中止して、適宜整形外科医に相談しましょう。
 また、疲労骨折を再発させないためには、原因を検証し環境を整える事が重要となりますので、指導者(監督やコーチ)ともよく相談しましょう。




反復性肩関節脱臼

整形外科 新入職医
 記載日:2021年3月

 

脱臼

反復性肩関節脱臼とは?

 まず、肩の”脱臼”とはいわゆる「肩がはずれた」状態のことをいいます。肩関節はよく動くようにできていますが、それだけ柔らかい組織で支えられ不安定につくられているため、体の中で最も脱臼しやすい部位とされています。
 スポーツ・転倒・事故などで肩関節に大きな負荷がかかると脱臼してしまうことがありますが、一度脱臼をおこすと、その後普段の生活の些細な負担(例えば寝返り等)でも簡単に、繰り返し脱臼しやすくなることがあります。これを反復性肩関節脱臼(はんぷくせい かたかんせつだっきゅう)と言います。



年齢が若いほど脱臼が癖になりやすい

 肩関節脱臼をした年齢が若いほど、その後何度も脱臼を繰り返すことが多くなりやすいといわれています。年齢が若い方は、体の組織が柔らかいのに加え、治療後に激しい運動をする方も多いことも理由とされています。

※10歳代に初回脱臼したものは、80~90%が再発するのに40歳代以降では再発はほとんどありません。(参考:日本整形外科学会ホームぺージ「反復性肩関節脱臼」)



肩が脱臼したらどうなるの?

 自覚症状としては、肩がはずれた感覚を感じる方が多く、痛み、腫れ、しびれ、炎症などが生じることがあります。
 すべての脱臼が”単に肩が外れているだけ”という状態ではなく、場合により骨折を伴っていたり、組織が骨からはがれていたり、骨が回転した状態ではまってしまっていたりする事もあります。
 この状態で放置していると、新しい骨が変に形成されてしまい、将来思い通りに肩が動かせなくなってしまうこともあります。また自分で無理やり直そうとすると、神経や血管を傷つけてしまうこともあるため、やめましょう。



レントゲン

治療方法は?

 診察をして、症状によってはエックス線検査やCT等の精密検査を行うこともあります。外れた関節は、元の位置に戻し(整復)、患部を安静に固定したりします。 その後、必要に応じて定期的にリハビリテーションを行い筋力強化も行います。脱臼を繰り返してしまう場合は手術で中の組織を縫ったり、補強することが必要になる場合があります。
※当院で手術が必要と判断された場合は、病院への紹介となります。

 治療を早く始めたか、しばらく日数が経ってから治療開始したかで治り方も変わるため、早めに受診しましょう。




骨粗鬆症について

整形外科 新入職医
 記載日:2021年3月

 

肩こり

 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気は、殆どの方がテレビや新聞などで目にした事があると思います。骨量(骨密度)が低下し骨がスカスカになった状態を骨粗鬆症といいます。骨量は加齢と共に減少していき、若い人に比べて骨密度が70%未満になると、骨粗鬆症と診断されます。
 男性・女性共に見られる病気ですが、特に女性は注意が必要です。女性は加齢による骨量減少が顕著で、閉経を迎える50 歳ごろから女性ホルモン減少により急激な骨量の減少が始まり、骨粗鬆症となる方が多いのが特徴です。



このような方は要注意です

☑ 最近急に身長が縮んできた
☑ 背中や腰が曲がってきた
☑ 腰がいつも重だるい(内科的な疾患の要因がない方)
☑ ステロイドを服用している
☑ 糖尿病・腎臓病と診断されている
☑ 閉経している


 骨粗鬆症はレントゲンを使用した比較的簡便な検査で診断できますので、50歳を超えていて上記に思い当たる方は、 どうぞお気軽に整形外科までご相談ください。



骨粗鬆症になるとどうなるの?

 骨粗鬆症は骨が脆くなっているため、骨折を起こしやすくなります。高齢者は筋力を始めとした運動 機能の低下からバランスを崩しやすくなっているため、転倒リスクが高く、思わぬ所で転倒し骨折を起こして しまう場合があります。高齢者にとって骨折は思わぬリスクが多くあります。


椎体骨折・大腿骨近位部骨折
椎体骨折
 転倒して尻もちをついた時などに、背骨(椎体)に縦方向の圧力がかかり、骨粗鬆症で脆くなった骨が圧迫骨折してしまう事があります。腰(背中)の痛みや、腰が曲がる原因になり得ます。

大腿骨近位部骨折
 大腿骨近位部(脚の付け根の辺り)の骨折は、治癒に時間がかかる場合が多く、治療の間に運動機能の低下を招きます。高齢者では、そのまま寝たきりや要介護に移行するケースも多く、注意が必要です。


骨粗鬆症の治療について

 骨粗鬆症の治療は主に、食事療法・運動療法・薬物治療などが上げられます。


食事療法
 食事療養法では、骨の形成に必要なカルシウム・ビタミンD・ビタミンKの摂取を意識的に行います。

運動療法
 適度な運動で骨に負荷を掛ける事で、骨を作る細胞が活発化し骨の強度が高くなる事がわかっています。ウォーキングやジョギングなど、無理の無い範囲で運動を心がけましょう。膝や腰の痛みがある方は、医師と相談しながら運動に取り組んでください。

薬物療法
 骨粗鬆症の治療のメインとなるのは、薬物による治療です。薬は作用機序から大きく3つに分けられ、様々な種類の薬があります。薬の剤形も、錠剤・ゼリー(内服薬)、注射薬などがあり、服用間隔も様々です。内服薬では種類によって、毎日・週1回・4週に1回の服薬などがあります。注射も、週1回・月1回の他、最長では6ヵ月に1回の注射など多様です。
ライフスタイルや身体の状態に合わせて、医師が処方・注射を行います。いずれの場合も、医師に指示された間隔 で服薬・受診を守りましょう。



  • めぐみ会の在宅医療

所在地・ご連絡先

杉並堀ノ内クリニック
内科・消化器内科・循環器内科・糖尿病内科・内分泌代謝内科
小児科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・整形外科・リハビリテーション科

〒166-0013
杉並区堀ノ内2-29-14 ライオンズマンション新高円寺1F
TEL 03-5929-1611
FAX 03-5929-1612

詳しくはこちら

  • スタッフ募集
  • 在宅医療
  • リハビリ動画配信中